FC2ブログ
BIGTIME
2014.10.05 KUMAMOTO

Mexican Skirt

夏の暑さが、少し戻ってきている熊本。
「最高気温30℃」という日もあり、
半袖&ショーツでご来店頂いている、
お客様も見かけております。

私、小副川。
この時期は秋服を着れるワクワクと、
秋服を着たいけど暑いし...。の、
感情同士の戦いが半端無いです。
毎朝心の中が血だらけです。

また最近の熊本では阿蘇にある、
阿蘇くじゅう国立公園が、
日本ジオパーク協会から、
ジオパーク認定を受けたらしいです。

「ジオパーク」とは簡単に言えば、
世界遺産ならぬ自然遺産のような物。

阿蘇のカルデラは日本が誇る、
自然遺産ということですね!!

さて、ジオパーク小副川が
本日ご紹介するのは、
久しぶりのレディースアイテム。

メキシカンスカートを、
いくつかご紹介します。



No.1
¥15,800+tax

IMG_1912.jpg

IMG_1916.jpg

IMG_1915.jpg

まず最初の1点目は、50’s~60’s頃の馬柄メキシカンスカート。
サボテンも目を惹きます。

Usedメキシカンスカートはほとんどの物が50’s~60’sの物。
50年以上もの時間を経て、未だに人気のある、
レディースアイテムの1つです。

当時は、若く自由なライフスタイルの女性に人気があり、
スクエアダンスなどの際に好んでメキシカンスカートを履いていたようです。

50年以上の歴史、ダンスの際に使われていた事から、
状態の良い物が中々出てこないのも、
Usedメキシカンスカートが人気である理由の一つかもしれません。

サイズは30inc。
汚れ,穴も無く、状態かなり良いです。
ハンドペイントなので正に「一点物」。
オススメの1品です。













No.2
¥12,800+tax

IMG_1920.jpg

IMG_1922.jpg

IMG_1921.jpg

2点目はこちら。
マタドール柄の1品。
裏は色違いのマタドール。

1点目,2点目を見ていただくと分かるように、
当時では、現在のシンプルで機能性のあるメキシカンスカートとは違い、
「どれだけ派手なインパクトがあるか。」が主流だったようです。

このような色味のあるメキシカンスカートの始まりは、
メキシコ系アメリカ人が多く住む、
アリゾナやテキサスの小さなデパートで売られた事で始まりました。

しかし、歴史をさかのぼると、
1920年代頃、メキシコの文化が注目され始めた頃、
女学生達が無地のスカートに自分達でサボテンなどの落書きをした事から、
メキシカンスカートの歴史が始まったと言われています。

落書きからファッションが生まれる...。
何が歴史を変えるか分かりませんね!!


今回は以上でございます。
残念ながら、メキシカンスカート、今回ご紹介した2点のみです...。

売り切れ必須!!早い者勝ちですので、
是非、BIG TIME 熊本店までお越し下さいませ!!



熊本店

小副川
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bigtimenews.blog94.fc2.com/tb.php/1732-d883081b

         | NEWS TOP |